旦那一筋の人妻と知り合い性感マッサージした話。2(人妻・熟女体験)

俺「じゃあK子の身体が感じないタイプかどうか俺が試してみようか?」
K子「えーそれって浮気じゃん。」
俺「浮気じゃないよ。マッサージみたいなもんかな。」
K子「んーマッサージかー。じゃあ大丈夫かなー。」
俺「K子はセックスの快感に興味ないの?」
K子「…ある。」
俺「じゃあ試してみようよ。K子が嫌だったらすぐやめるから。」
K子「…うん。…でも嫌って言ったらすぐにやめてね。」
俺「OK!」

シャワーを浴びたいとK子が風呂に行った隙に証明の調節とマッサージ用のクリーム探し。ハンドクリームしかになけど、これでいいかw準備OK!

K子「俺さんはシャワー良いの?」
俺「セックスするわけじゃないから。K子を気持ち良くするだけだから大丈夫。手だけ洗ってくるよ。」
K子「そっか。セックスじゃないもんねw」(俺、手を洗いに行く)

俺「じゃあまずうつ伏せに寝て。」
K子「お願いします。」(K子ベッドにうつ伏せになる。身体の上にはタオルかけたまま)
俺「じゃあちょっと触るね。」(マッサージをするように脚から)
K子「本当にマッサージみたいだねー。」
俺「そうだよ。リラックスしてね。」

性感エステで体験したマッサージ思い出しながらK子にマッサージ。
脚→背中→腕→背中の順番でマッサージ。最初は性的な雰囲気よりもリラックスさせることを目的に。

俺「じゃあ仰向けになって。」
K子「…うん。ちょっと恥ずかしいー」
俺「おっぱい触るね」(と言いつつ鎖骨やデコルテ辺りを中心にマッサージ)

焦らしてからいよいよおっぱいへ。おっぱいは小ぶりというか成長しきってない感じのおっぱいだったww
おっぱいを触ると「んっ!」と。

俺「声は我慢しないで出した方が気持ち良くなれるよ。」
K子「そうなの?でも恥ずかしい…」

恥かしがってたけど、ゆっくりおっぱい揉んでるうちに「んっんっんっ!」から「あっあっあっ!」に変わってたww

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (1)