いつでもメール1本ですぐにヤレるセフレが1人いる。(セフレ体験)

いつでもメール1本ですぐにヤレるセフレが1人いる。
セフレは香織 25歳 OL。
香織はストレートな黒髪で肌が白く見た目だけならどこかのお嬢様みたいなんだ。
こいつはセックス中毒なんじゃないかってくらいいつもセックスしたがってる。淫乱なメス穴。

メールをするとすぐに電話で返ってくる。今どこですか?と言いながら自分でマンコ弄るような女だ。
すぐにハメれるくらいにびしょ濡れにして来る。
移動中もプレイと考えている節がある。下着はカップレスブラにTバック。それに透けるような白いブラウスとミニスカート。
少し屈めばびしょ濡れのマンコが見えてしまうだろう。
乳首はブラウスに擦れてビンビン。よく見れば色が透けている。それらの視線も全て愛撫のように感じるのが香織という女だ。

最初の頃はもう少し慎みがあったと思うのだが。

マンコを開くと「いや・・・だめ・・恥ずかしい・・」、クリトリスを弾けば「あぁ~恥ずかしい・・でも気持ちいい、いいの~・・・」、焦らすと「あぁ・・もう入れて・・入れてください・・・」と徐々に淫乱になっていく様子が楽しめたものだ。

最近は自分からマンコを開き「チンポ入れて!欲しいのぉ~」、焦らそうとしても自分から腰を突きだして勝手に入れてしまう。
セフレとしては楽で良いが、いつからこんな変態女になったのか。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (0)