高校3年の時、集中的にとある教科を教えてもらうために家庭教師が(初体験の体験)

高校3年の時、集中的にとある教科を教えてもらうために家庭教師がついた。塾も行ってたけど、その教科のもっと専門的なことを教えて欲しくて。
親が選んでくれたのは俺の第一志望の大学生だった。男がくると思ってたら予想外に女の先生だった。
見た目は地味できっちりしている感じ。

先生の教え方は上手かった。すごく知識があって素直に尊敬できる先生だった。

先生はいつもシャツにジーパンとかチノパンで化粧っ気もなくて、まったく女を意識させないような格好だった。最初は女の先生って大丈夫かなと心配してたのは杞憂だったなと感じてた。

ある日、先生がちょっと化粧をしてた。この後用事があるからってことでいつもより少しお洒落している感じ。

下は普段と同じジーパンだったけど、上はシャツじゃなくてニットみたいな。
それだけなんだけど、急に女を感じてなんかソワソワしてしまった。

次の時はまたシャツにジーパンって感じに戻ってたんだけど一回意識してしまうと、ちょっとしたことで女を感じるようになっていた。
それでも勉強が楽しかったし、受験もあって考えないようにって努力はしてた。

でも時々先生でヌくようになってた。

3ヶ月くらいで家庭教師の成果も充分に出てきて、親もそろそろ塾の受験対策コースに専念した方がいいかもねと言い出した。
本音を言えば先生との勉強を続けたかったけど、受験の為には親の言うことが正しいと分かっていたので、あと1ヶ月だけ先生に来てもらうということに決まった。

そこで俺は決意した。先生に告白することを。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (0)