高校2年の頃に友達と海に遊びに行ってそこで女子大生に(痴漢・覗き体験)

高校2年の頃に友達と海に遊びに行ってそこで女子大生にナンパされた。

俺と和明と直也は夏休みに入るとすぐに海に遊びに行った。今年は焼いてイケてる男になる計画なので海には何度か行こうぜ!と言っていた。

お昼前にビーチについて、オイルを塗って浜辺で3人寝転んだ。喋ったり音楽聞いたりしながら1時間くらいして和明が腹が減ったので何か買いに行ってくると言っていなくなった。
俺と直也の分も頼んだ。

10分くらいして和明は帰って来た。後ろには女が3人付いて来ていた。
和明は背が高くてイケメンだ。ナンパをされてちょうど3人連れだからと一緒に来たらしい。
女は希、真奈美、優理香。全員大学1年だった。

希と真奈美は和明狙いだった。
優理香は直也にベッタリだった。直也は顔は普通だけど面白い奴なんだ。ノリが良くってガッチリした筋肉質なタイプ。
俺は背が低くて顔も普通。2人といると弟に間違われることもある。

和明に買ってきて貰ったから揚げを食いながら女達と喋ったが明らかに俺はお邪魔虫みたいな感じだったので、焼きに専念することにした。
オイルを塗り直して横になり焼いているうちに眠ってしまった。

ふと起きると40分くらい経っていた。直也と優理香はまだ喋っていたが和明と希と真奈美がいなかった。
3人は?と聞くと20分くらい前に車に荷物を取りに行ったらしい。女達は車で来たらしい。
優理香は俺が邪魔だったらしく、ちょっと様子見てきてよと言われたので駐車場の方へ行ってみた。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (0)