24歳の時のことです。社会人2年目になって(初体験の体験)

24歳の時のことです。社会人2年目になって少し仕事にも慣れてきた頃でした。
先輩のGさんに誘われて飲みに行きました。Gさんは私の指導係りで、時々飲みに誘ってくれていました。

Gさんと飲みながら主に仕事の話しをしている内に盛り上がって終電を逃してしまいました。
その時私は実家から通っていて距離がありました。Gさんの家はタクシーでワンメーターくらいだったので、その日はGさんの家で飲み直すことになりました。

その時に私は処女で男の人と2人きりになるということがピンと来ていませんでした。大学の頃も男友達の家に泊まったことがありましたが、普通に雑魚寝するだけで何もなかった経験もあって警戒心はありませんでした。

Gさんの家は普通のワンルームタイプで、玄関を入ってすぐキッチン、キッチン向かいにお風呂とトイレがあり、仕切りのドアの向こうに8畳の部屋があるという感じです。
奥の8畳に通されGさんは着替えなどを貸してくれました。
「シャワー使っても良いよ」と言われ有りがたく使わせてもらいました。
シャワーを出るとGさんが「俺もシャワーしてくるわ」と入れ替わりに出ていきました。
私はぼんやりテレビを見たり携帯を弄ったりしていました。

Gさんはシャワーを出るとビールとおつまみを持ってきました。ビールを飲みながらGさんと喋っていましたが、夜も遅くなって眠たくなってきました。
私は「眠たくなったので横になっても良いですか?」と聞きました。Gさんはベッドを使っても良いと言ってくれました。
遠慮したのですが、構わないよと押し切られベッドを使わせてもらいました。

酔っぱらっていたのもあってすぐに眠り込んでしまいました。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (0)