24歳の時のことです。社会人2年目になって3(初体験の体験)

どのくらいそれが続いたのか。10分くらいだったかもしれないし、30分以上だったかもしれません。クリちゃん部分を触られてビクビクしているとGさんが指を抜きました。代わりに熱い固いものが押し当てられました。
Gさん自身がグッと差しこまれた衝撃は物凄くて、痛みで「うぅ~~~」と唸るしか出来ませんでした。あまりの痛みに体がキュッと固くなり、Gさん自信も凄い締め付けに身動きが取れなかったのでしょう。
少し入ってきている状態でクリちゃん部分を触りました。すると私の体がビクビクして少し緩まる様でした。それを繰り返しながら奥まで入って来ました。

初めて体内に男性を受け入れていること、それが想像してもいなかった相手であること、破瓜の痛みなどなどとにかく頭が追い付かなくてどうにも出来ませんでした。
Gさん自信を埋め切ってしまうと、しばらくはクリちゃん部分を弄られていました。弄られる度にビクビクして少しづつ大きさに慣れていくようでした。
充分に濡れていたことも助けになっているようでした。
それでもGさん自信が動き出すと痛さで「うう~~~」と涙がこぼれました。

処女の締め付けのおかげか、それともGさんが早漏なのか、あまり時間が掛からずに射精をしたようでした。そうしてようやく私の初めての挿入が終わりました。
Gさん自信が抜かれると私のアソコからは血が出ていたのかもしれません。Gさんは「ごめん」と言って濡れたタオルで体を拭いてくれました。
疲れと晩のお酒の影響とで私は眠ってしまいました。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (0)