24歳の時のことです。社会人2年目になって4(初体験の体験)

翌朝、目を覚ますとGさんは床で眠っていました。私の体は綺麗にされ、下半身もきちんと服を着せられていました。
Gさんを起こさないようにそっとベッドを抜け出し、着替えるとGさんの家を後にしました。始発が動いていたので自宅へと帰りました。
その日は土曜日だったのはありがたかったです。とにかく下半身が痛くて、アソコにはまだGさんが入っているような感覚がありました。

休みが明け会社へ行くといつもと変わらないGさんがいました。普通にあいさつをして普通に仕事をしました。
あまりに普通であの出来事は夢だったのかと思うほどでした。

Gさんはそれから間もなく転勤が決まりました。いわゆる出世コースに乗った形です。
Gさんの送別会の日、隣に座ることがありました。あの日のことを聞こうかと思ったのですが、結局他愛のない話しか出来ませんでした。

あれから私も何度か恋愛をして、数人の男性と経験しました。今ではクリちゃん部分だけではなく、他のところでも気持ち良くなれます。深くイク経験もしました。
しかしあの時Gさんにクリちゃん部分を触られている時のフワフワした気持ち良さは経験したことがありません。
強烈なオーガズムではありませんでしたが、人生で最も気持ちの良い瞬間だったと思います。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (0)