私の初体験の話を書いていきます。3(初体験の体験)

想像していたキスよりも濃厚なものを急にされて驚きました。ベチョベチョとして気持ちが悪いなと思いました。
アソコを舐めてこようとしたのでそれは必死で抵抗しました。
話には聞いていましたが処女膜が破れる時はかなりの激痛でした。痛すぎて身体が熱くて熱くて背中が汗でびっしょりになりました。
正常位での挿入だったのですが、根っから体が硬い私は両足をずっと開いている体勢が辛いし股関節も痛くてセックスって意外と大変なんだなぁと思いました。

私のあまりの痛がりようと少し血が出ているのを見てヒロシさんは私が処女だったことを知りました。まさか処女でこんなに警戒心がないとは思わなかったと驚いていました。
年齢的にも当然経験があってラブホへも分かっててついてきたと思ったと言われました。
終わった後に痛みと不自然な体制でいたことで足腰がガクガクになっている私を気遣ってくれて「痛くしてごめんね」と言ってくれました。

初体験は気持ちいいという感じることはなく、ただ痛いという思い出です。
てっきりそのまま付き合うことになると思っていたヒロシさんとは連絡が取れなくなりそれっきりです。数回メールを送りましたが返事はなく、ある日メールエラーで返ってくるようになってようやくヒロシさんは遊びだったのかと気が付きました。

ただヒロシさんと色々した結果なのか男性に対して構えていたものが少し取れて職場でも普通に話すことが出来るようになりました。
合コンの誘いやその他出会いの場へと出向くことも増えてきちんとした彼氏が出来ました。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (1)