大学生の時に兄が結婚した。兄とは8つ離れている2(人妻・熟女体験)

俺「何?」
義姉「えーーーっと・・・ね・・・その・・・セックス・・・のことなんだけど・・・」
俺「・・・ん?・・・セックス??」意外な質問で驚く俺。
義姉「・・・そう、セックス。・・・この前、彼女さんとしてたでしょう。あ、それは別にいいんだけど・・・」
義姉「えっと・・・どのくらいの頻度でするもの・・か・・・なって」
真剣な表情だったので真面目な質問だと理解したので真面目に回答しようとする俺。

俺「俺はデートの時は大体してるかな。週に2~3回くらい。」
義姉「え・・・そんなにしてるの・・・」すごくビックリしたみたい。
俺「何?兄貴とはどのくらいなの?」
義姉「月に・・1回か2回くらい・・・」
俺「それ少なくない?新婚なのに。」
義姉「疲れてるみたいですぐ寝ちゃうし。途中で終わることもあるし。」
どんどんションボリしていく義姉さん。

俺「まあ兄貴も仕事忙しいみたいだし。疲れてるのも仕方ないよ。」
俺「それにこういうのって人それぞれだしさ。比べることないって。」
何とか元気を出させようとする俺。

義姉「でも普通は疲れててもするんじゃないの?私に魅力がないからそういう気にならないだけなんじゃ・・・」
俺「いやいや義姉さん魅力的だって!」「可愛いし若いし大丈夫だって!」ととにかく元気づけようと褒めまくる俺。
でも義姉は「でも・・・魅力が・・・」と言い続けるので、何とか自信をつけさせたくてつい「義姉さんの風呂上りとかセクシーで俺勃起しそうだよ!」とか言ってしまった。

この体験がエロいと思ったらポチっと
  • エロい (0)